5kmないなら通勤で使えるじゃん ~嫁と自転車 その5~

2010年04月18日 05:45

実は、少し前にも自転車の話をしたことは何度かあったのです。そのときの旦那の反応は、「長いこと自転車に乗っていないから、電動アシスト付きのでないと乗れない」でした。
でも嫁は、マウンテンバイクに乗っていた経験から、電動アシストなんかより、マウンテンバイクを選べば、車体も軽いし安いし十分軽くこげることを知っていたため、一度旦那にマウンテンバイクに乗ってさえ貰えば、その考えを改めさせる自信はありました。

なので、とりあえず嫁の分のマウンテンバイクを1台買って、それに2人で交代に乗ってみて、それから旦那の分の自転車を選ぶことにしよう、となったのです。とにかく買っても、乗らないようでは意味がありませんので。

それからは、いろんな手段で自転車のことを調べてみました。近所のホームセンターやスーパーの2階、TQハンズなどで売っている自転車を見に行き、持ち上げたり触ったりする一方、インターネットで昨今の自転車事情を調べてみました。そこで初めて、最近は街乗り用のマウンテンバイクとでも言うような、クロスバイクなるものがあることを知ったのです。
自分たちの考える乗り方の場合それがどうやら良さそうだ、との考えに至りさらに調べたところ、嫁が昔乗っていたGIANT社のものが、値段や性能などいろんな要素を総体的に考えて、いいのではなかろうかとの結論に達しました。

なんて話をしつつ迎えた次の週末。その日もまた河川敷の自転車道路を散歩することにしました。その日はいつもとは逆方向の、街方面に向かって歩いてみました。やっと乾いた少年野球場では早くも練習が始まっています。また、河川敷を歩いていると、結構な人数の自転車やジョギングをする人とすれ違います。
まだ雪捨て場が完全になくなっていないので、コースを通して走ることは出来ないため、彼らは通行止めの手前で折り返して走っているようでしたが、それでも温かくなると居ても立ってもいられなくて、走りにきたのであろうことは想像に難くありません。

のんびりと四方山話をしつつてくてく歩いているうちに、私たちはいつしか嫁が勤める会社のすぐ近くまで来てしまっていました。そこの堤防から上がって少し行ったらもう会社だというと、旦那は少しびっくりしたようでした。いや、私だってびっくりです。その時実際に歩いてみた手応えは、時間さえあれば歩いて通勤だって出来ちゃいそうな感触でしたから。

その日家に帰ってから地図を出し、昼間歩いたルートを実際に測ってみたところ、5kmないくらいでした。しかも河川敷の自転車道路を使ったため信号が一つもなく、加えて川の流れに沿った方向なので緩やかな下り坂です。仕事が終わるのが深夜なので帰りは河川敷は通れませんが、それはルートを変えればいいだけのこと。あれー? もしかして、自転車で通勤出来ちゃう? それは、もやっとしていた自転車導入の話が、一気に現実味を帯びてきた瞬間でした。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


コメント

  1. はじめまして。おしゃべり男です。私も昨年ですが、妻と自転車を買い、最近では、趣味のひとつとなっています。はじめは、妻は
    全く乗る気では無かったのですが、近々ではあたりまえのごとくに
    今日はどこへ行こうか?なんて感じになっちゃいました。車ではあじわえない景色・人が、また違う世界を味合わせてくれますよね。
    今後もブログ拝見させて頂きます。お互いのコミュニケーションの場になれれば幸いです。

  2. | URL | m2U2Ms6E

    コメントありがとうございます

    >>おしゃべり男さん
    コメントありがとうございます、お返事遅くなりまして申し訳ありません。
    この連休は、前半は自転車の慣らし運転を少しやり、
    後半は、自転車置き場を作るために部屋の大模様替え、
    そして終盤は、旦那は軽いぎっくり、嫁は全身筋肉痛で、おとなしくなってしまいました。
    次の週末には、旦那のクロスバイクがやってくる予定なので、
    そうしたら一緒に出掛けやすくなるかなと、とてもとても楽しみにしています。
    自転車、いいですよねー。奥様と一緒に楽しめるのがいいですよね。
    なかなか更新の頻度が上がらないかもですけど、よろしかったらまた遊びにいらしてください^^。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanobin.blog45.fc2.com/tb.php/5-3bbb4be3
この記事へのトラックバック


最新記事