スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藻岩発電所~真駒内ルート

2010年08月16日 14:09

7月25日(日)

先日、地元の日刊紙の販売店で出しているフリーペーパー(といってもチラシ1枚ですけど)を見ていて、いつも私たちが自転車散歩をしているルートのスグ近くに、ナント発電所があることを知りました。
えー? そんなトコにダムとかあったかなー? これは確かめにいくしかないでしょう。

と言うわけで、いつも走っている河川敷の、今日は西側を南に向かって進みます。
ちょっと走ると間もなく着く、支流の山鼻川と合流しているあたりの、遊水公園のようになっている地点で、まず補給を。

T100725_2.jpg
本日のエイドはセコマのサンドイッチとパン+グレープフルーツのジュースです。
朝のうちは雨が降っていたんですけど、早めに上がってまたしても目が痛いくらいのどピーカンに。

藻南公園に行くには、ここから山鼻川にかかる小さな橋を渡って左手側に進みますが、今日は右手の、山鼻川に沿って上ってみます。
実は、前日グーグルマップやストリートビューでルートの下見をしたんですけど、イマイチ良くわからなかったんですよね。
山鼻川は小さな川ですが、河川敷はきれいに整備されていて、近所に住んでいたら毎日散歩したり子供を遊ばせたりするのに良さそうな感じ。
東屋やベンチもたくさんあり、道も自転車も通れる散策路のようになっているかと思ったら、階段状で行き止まりになっていたり...押したり止まったり、初めて通る道なので、とにかく減速してゆっくり進みます。

本当にこんなところに発電所なんて......
T100725_3.jpg
あった。
へえええーー!! 本当だ。

どうやら無人の設備らしく、近所の子供の格好の遊び場になっていて、白い箱のような建物はボールの跡がたっくさん。
この日も小学生の男の子たちが、サッカーボールをぼっこんぼっこんぶつけまくっていました。
セミががんがん鳴いてて、正しい日本の夏休み、ってカンジ。
マー、この近所はほくでんの社宅ばっかりなので、やっているのも同社の子弟だろうからいいんでしょうけど。
...いいのか?

T100725_4.jpg
建物の前に水車がひとつぽこんと置いてありました。
下の銘板にあった説明によると、これが回転して電気を起こすのだそうです。
『でんきの量 7,700,000ワット 回転数 500回転/毎分 使う水の量 8.57立方メートル/毎秒』とのこと。
ぴんとこなかったので帰ってきてからサイトを調べてみました。
ココには3基の発電機があり、いつもは2基しか動かしていないけど、3基動けば合計12,600kwを作っているそうで、これは札幌市で使う電気の約1%を占めます。
泊の原発から電気を引っ張ってきている札幌市にとって、万が一のために近場に欲しい施設であり、ここで新しい技術の開発などもしているんだそうですよ。
あちこち見たら、他にもいろんなことがわかりました...興味があったらググってみてください。

T100725_5.jpg
白い箱のような建物の後ろには、山肌に沿ってパイプが3本あり、ダム湖は10kmくらい上のほうにある模様。
このあたりは、なんか、ちょっと、どぶっぽいにおいがしました。

T100725_6.jpg
あたりをうろうろしていてこんな看板を発見! こういう設備は、会社で山を持っているわけではなく、国有林を借りて作っているようです。
お家賃、いくらくらいなんでしょうね? 夜中に騒いだりしたら、契約更改できなくて、出てけとか言われるのかな?

発電所からさらに山鼻川をさかのぼると、何箇所か公園のように整備してあるところがありました。
思ったより早く目的地着いちゃったし、まだ余力のある私たち、ここで何かをする雰囲気でもないし、せっかくですからもう少し進みましょう。
山鼻川を離れて、豊平川方面に戻ってみます。
このあたりのルートは全く下見なしですが、こっち方面だーとのんびり自転車を進めていくと、何となく見覚えのある場所に出ました。
藻南公園に行ったときに、自転車専用の橋を渡って出たあたりのスグ近くだったのです。
また一つ、頭の中で地図がつながりました。

続きはこの橋を渡って豊平川河川敷の東側に移動し、自転車道路を南に進んでみることにします。
ココから先は、旦那は自主トレで一度来ていますが、嫁は初めて。
河川敷の自転車道路はまもなく堤防の上に上がり、進むと、橋の下をくぐって森の中に続いていきます。
確か地図では、このへんは真駒内公園に入ったあたりのはず...。
道は、標識を見ると歩行者と自転車の専用で、自転車が余裕ですれ違える位の幅で舗装されています。
何本か、川に架かる橋と交差する地点があるのですが、全て橋の下をくぐるようにトンネルが作ってあるのでめちゃめちゃ走りやすい!
自転車の人もランニングの人も、結構通る道です。

旦那が自主トレで来たのはセキスイハイムアイスアリーナのあたりまでとのこと、そこから先は2人してワクテカしながら進みます。
ほぼ川に沿って、公園の中や民家の裏を通り、時々橋をくぐる、面白い道です。
地形に沿っているのか、もともとあった木などを残してそうなったのか、わざとそうしたのかはわかりませんが、適度に道が上下左右に蛇行しているので、そこそこ飛ばすことは出来るけど、ある程度以上はスピードが出せません。
でも、この眺めの中を周りを見もしないですっ飛ばして通るなんて、もったいなさ過ぎます。

なんて走っているうちに適度に時間も経ち、自転車道路が一般公道に近づいてきて、コンビニの看板などが見えてきました。シャバの空気です。
信号などの表示を見ると、すでに地下鉄真駒内駅よりも南の地点まで来ていたのでした。
本当に軽ーくこいでぴゅーっと来たくらいの手ごたえしかなかったので、これもまた軽くびっくりです。
ちょっと大きなスーパーでトイレを借り、焼き立てパンと飲み物をゲット。

T100725_7.jpg
少しだけ進むと、エドウィン・ダン記念公園があるので、そこで休憩にしましょう。
ここは、バスで真駒内駅から定山渓温泉に向かうときいつも通る場所なので、見覚えがありました。
こんなトコまで自転車で来ちゃったんですよねー、すごいなー。
公園入り口にはちょっとしたハーブガーデンがあります。

T100725_8.jpg
奥へと進むと鴨の居る池が...やはり水場はほっとしますね。
ベンチもたくさんあるし、そこそこキレイに整備してあるのですが、それほど人間が居ないので、実に快適です。

T100725_9.jpg
真駒内は札幌オリンピックを機に整備された町なので、その名残もあるのでしょう。
天気の良かったこの日は、どっちを向いてもシャッターチャンスだらけで、なかなかのフォトジェニック振りを発揮していました。
アホでっかい写真はこちら。

さて、名残惜しいですが帰るとしましょう。
帰路は、自転車道路をまっすぐ下るだけ。
全てが適度な下り坂なので、こいでいてもとても気持ちいいです。
合流地点があるし歩行者も居るので、むやみにスピードは出せませんが、適度に森の中を飛ばして来ました。
南に向かって出かけると、帰りは川の流れに沿ってずーっと下り坂になるので、圧倒的に早くて楽なのがいいです。

2010.7.25(日)
走行時間:2時間21分
走行距離:22.6km
平均時速:9.5km/h
最高時速:27.2km/h
積算距離:135.3km

にほんブログ村 自転車ブログへ


コメント

  1. dyun | URL | cWGs/jyg

    Re: 藻岩発電所~真駒内ルート

    こんにちは。
    私も(どノーマルの)CROSSに乗っているので思わず初コメです。
    いわゆるコンフォートバイクですけど、パンクもそんなに怖くないし、サイクリングやポタリングなど、街乗りにピッタリですよね
    ステキなレポ、これからも楽しみにしてます♪

  2. kanoka | URL | -

    Re: 藻岩発電所~真駒内ルート

    はじめまして!
     
    私もクロスバイクで週末ライドを楽しんでいます。

    ホームは札幌ですか?ご夫婦で楽しむのは最高ですね!(羨ましいです)

    これからも楽しい話題楽しみにしています。(雪が降る迄)

  3. 嫁 | URL | m2U2Ms6E

    コメントありがとうございますです~

    >>dyunさん
    こんにちは、コメントありがとうございます。
    わーい、お仲間さんだ。
    私たちが自転車を買ったお店では、
    バリバリ走り屋仕様の自転車をがんがん扱っているところだったので、
    「cross3なんか買ってもスグに物足りなくなりますよ」
    なんて言われちゃいましたけど、とんでもない!
    使い勝手のいい、いい自転車ですよね!!
    私はものすご~く気に入っています。

    >>kanokaさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    私は週末の他に、雨の降っていない日は、
    片道約5kmを通勤でヘボヘボ走っております。
    2人共通の趣味や遊びはいろいろありますが、
    自転車は、割と2人の技術や能力がそれほどかけ離れていないので、
    いっしょにヘボヘボ楽しむのにちょうどいいです。
    雪が積もるまで札幌の街を、走りますよー。


    やっと涼しくなって、自転車が楽になりました。
    今が一番いい季節です、たくさん楽しみましょうね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanobin.blog45.fc2.com/tb.php/13-4638f3fa
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。