スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコールおしぼり & モエレ沼公園ルート

2010年08月15日 02:08

7月17日(土)

今日はちょっと遠出ですよ、以前から行ってみたいなーと思っていた場所にいよいよ行ってみます、自転車で。

T100717_1.jpg
まずは私たちのワープゾーン、河川敷の自転車道路に移動。
河川敷を使えると、時間も距離も稼げるのでまさにワープゾーン! 今日は川の東側を使います。
空は快晴、適度に休憩を挟みつつ、バテないように参りましょう。

河原に着いたらさっそく補給、コンビニで仕入れたパンとグレープフルーツジュースで。
サーモマグの中には氷がぎっしりと水が入っています。
ペットボトル2本には水道水と薄目のスポーツドリンクが、ジップロックにはアルコールおしぼりが入っています。

今日はこの、アルコールおしぼりの話をしましょう。
これはなんてことはない、普通のハンドタオルを水で絞って畳んでジップロックに入れ、その中に35度のホワイトリカーを軽くひたひたになる程度に注いだものです。
自転車散歩の時は必ず持ち歩いていますし、自転車じゃなくても、外でお弁当やお茶を食べるときはたいてい作って持っていきます。

使うときは、1枚取り出してぎゅーっと絞るだけ。
これがあれば、水場がなくても簡単に手をきれいにすることができるので便利です。
これで食事の前後に手を拭けばすっきりできるし、万一転んだりしてけがをしたとき手近に水場がなくても、多少の洗浄ならできるでしょう。
市販のウエットティッシュや濡れおしぼりなんかより、ずーっとさっぱりしますし、洗って何度も再利用ができるので経済的です。


事前に調べていたルートに従って、河川敷から環状北大橋を渡って三角点通りへ。
今日は古い町並みの歩道を通るので、うんとスピードを落とします。
河川敷のようにすっ飛ばすことはできませんけど、気になるお店を見つけてお買い物、なんてこともできちゃうわけで、これはあとでお見せしますね。

T100717_2.jpg
はい着きました、モエレ沼公園入り口です。
ちょうど15kmくらいありました。
ここは一度来てみたいなとずっと思っていたのですが、まさか本当に来る日がやってくるとは。
しかも、自転車でですよ、スゴイなー俺たち。

T100717_3.jpg
まずはトイレ休憩もかねて、ランドマークであり確実に屋根のあるピラミッドへ。
この日は好天に恵まれたこともあって、ものすごい人手で、しかも家族連れがやたらと多いです。
それはやっぱりここが、無料で遊べる施設だから、でしょうかね?

T100717_4.jpg
ピラミッドの中のベンチに座って、休憩&補給。
これですこれ、走っている途中で見つけたお菓子屋さんで買った、ずんだもちです。
ずんだもちは、デパートの物産展などで何度か食べたことがありますが、これはほら、色が違うでしょ?
食べるとですねー、豆の味と香りがするんですよ。
これはうまいです、萌えぎ屋、というお店でした。

しばし休憩したら、園内を回ってみましょう。
レンタル自転車があるくらいなので、園内の移動は自転車があると実に快適。
適度に広い中に、いろんな設備というか主に山や水場が散在しているので、自転車でぷらぷらと回って歩くのがいいくらいですね。
近所に住んでいたら散歩にくるのもイイかも、ものすごく丈夫な体になりそうですけど。

T100717_5.jpg
そのひとつ、テトラマウンドです。
とにかくフォトジェニックな公園で、加えてめちゃめちゃお天気が良いもんだから、どっちを向いてシャッターを押しても絵はがきみたいな写真がとれるんですが、今日はどっちを向いても必ず人が写り込みますね。
大繁盛です。
テトラマウンドのアホでっかい写真はこちら。

目が痛いくらいの超・快晴の中、一番最初に行ったピラミッド以外は、屋根のある場所はほとんどありません。
自前で簡易テントのようなものを持参している人も結構いました。
森の中に入るか、木の枝が作る日陰に入るかしか、日光を遮る手段はないのです。
私たちもそんな感じで、並木が辛うじて日陰を作っている芝生の上に寝っころがりました。
これが、案外気持ちが良かったです。
大きなタオルか何か敷くものを持っていけば、もっと快適に過ごせたでしょう、次からは持っていこう。

そうそう、ぐるぐる回っていて、水のオブジェを見つけました。
これは1日に何回か水を噴き上げるというものらしく、私たちが見るとしたら16時のしかない様子。
そんなに遅くまでここにいるかなぁ、見られないだろうなぁ、なんて思っていたのですが、ちょうど帰るときに見ることができました。

こんな感じです。
T100717_6.jpgT100717_7.jpg
ずばー! ぐもー! しばばばば!
......ケンシロウですか。
これもイサム・ノグチさんの設計にあったのかしら?
全体に、市の持ち物としては随分と贅沢な作りの公園だなぁ、というのが正直な感想ではあります。


さて帰りは、より快適で走りやすい道を模索して、三角点通りを丘珠空港通りで左折し、自転車道路のある河川敷に向かいます。
少し行くと7月4日の自転車散歩で通った記憶のある、ちょうど川の西側の自転車道路の舗装が切れたあたりに出ました。
なるほどココにつながっていたのか! なんとなく走っているうちに、こうやって頭の中にあった別の地図が、どんどんつながっていく...実に面白い作業ですね。

T100717_8.jpg
そして、7月4日の記事では「自転車道路は突如、河川敷から堤防の方へと方向を変え...」と書いたあたりに、逆方向から到達しました。
ちょうど護岸が川のぎりぎりまで降りられるように作ってある場所なので、ここで一休みしようと自転車を止めたところで、護岸の一番上にハマナスのレリーフを発見。
草に隠れていて、前回来たときは全く気がつきませんでした。

しばし休憩してから、普通に河川敷をさかのぼり、この日は邪悪に追いつかれることもなく無事、帰り着きました。
おっ?! 2人で走った積算距離が100kmを超えましたね、今日はちょっとした記念日になりそうです。

2010.7.17(土)
走行時間:3時間02分
走行距離:36.4km
平均時速:11.9km/h
最高時速:29.2km/h
積算距離:112.7km

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tanobin.blog45.fc2.com/tb.php/12-eaf10d94
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。