スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5kmないなら通勤で使えるじゃん ~嫁と自転車 その5~

2010年04月18日 05:45

実は、少し前にも自転車の話をしたことは何度かあったのです。そのときの旦那の反応は、「長いこと自転車に乗っていないから、電動アシスト付きのでないと乗れない」でした。
でも嫁は、マウンテンバイクに乗っていた経験から、電動アシストなんかより、マウンテンバイクを選べば、車体も軽いし安いし十分軽くこげることを知っていたため、一度旦那にマウンテンバイクに乗ってさえ貰えば、その考えを改めさせる自信はありました。

なので、とりあえず嫁の分のマウンテンバイクを1台買って、それに2人で交代に乗ってみて、それから旦那の分の自転車を選ぶことにしよう、となったのです。とにかく買っても、乗らないようでは意味がありませんので。

それからは、いろんな手段で自転車のことを調べてみました。近所のホームセンターやスーパーの2階、TQハンズなどで売っている自転車を見に行き、持ち上げたり触ったりする一方、インターネットで昨今の自転車事情を調べてみました。そこで初めて、最近は街乗り用のマウンテンバイクとでも言うような、クロスバイクなるものがあることを知ったのです。
自分たちの考える乗り方の場合それがどうやら良さそうだ、との考えに至りさらに調べたところ、嫁が昔乗っていたGIANT社のものが、値段や性能などいろんな要素を総体的に考えて、いいのではなかろうかとの結論に達しました。

なんて話をしつつ迎えた次の週末。その日もまた河川敷の自転車道路を散歩することにしました。その日はいつもとは逆方向の、街方面に向かって歩いてみました。やっと乾いた少年野球場では早くも練習が始まっています。また、河川敷を歩いていると、結構な人数の自転車やジョギングをする人とすれ違います。
まだ雪捨て場が完全になくなっていないので、コースを通して走ることは出来ないため、彼らは通行止めの手前で折り返して走っているようでしたが、それでも温かくなると居ても立ってもいられなくて、走りにきたのであろうことは想像に難くありません。

のんびりと四方山話をしつつてくてく歩いているうちに、私たちはいつしか嫁が勤める会社のすぐ近くまで来てしまっていました。そこの堤防から上がって少し行ったらもう会社だというと、旦那は少しびっくりしたようでした。いや、私だってびっくりです。その時実際に歩いてみた手応えは、時間さえあれば歩いて通勤だって出来ちゃいそうな感触でしたから。

その日家に帰ってから地図を出し、昼間歩いたルートを実際に測ってみたところ、5kmないくらいでした。しかも河川敷の自転車道路を使ったため信号が一つもなく、加えて川の流れに沿った方向なので緩やかな下り坂です。仕事が終わるのが深夜なので帰りは河川敷は通れませんが、それはルートを変えればいいだけのこと。あれー? もしかして、自転車で通勤出来ちゃう? それは、もやっとしていた自転車導入の話が、一気に現実味を帯びてきた瞬間でした。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

もっと外に出ましょうよ ~嫁と自転車 その4~

2010年04月17日 05:37

運動不足なのは、同年代の旦那も同じです。彼の場合、嫁と違って若いときはスポーツをやっていたのですが、SOHOにチェンジしてからは殆ど家から出歩かなくなってしまい、自分のことは棚に上げて嫁は心配で心配でたまりません。

2010年3月の連休、私たちは山奥の温泉に1泊旅行をしました。ホテル館内を探検していたところ、無料でできる卓球場を発見しまして、ちょっとやってみたところこれがメチャメチャ面白い! 大浴場もそこそこに、夕食の前後に汗だくになりながらみっちりとやり込み、翌日は全身が筋肉痛になる有様です。

でもものすごく楽しかったので、札幌に帰ってきてからも卓球のできる場所はないかと探し、地下鉄を乗り継いではるばる出かけて行ったりもしました。
しかしやはり、お金と時間がかかるため、しょっちゅうやるにはちと障壁が高すぎる、というのが正直なところ。折りしも雪解けが進み、そろそろ河川敷の散歩もいい頃ではと、4月の頭の週末に河川敷に出かけてみました。

雪捨て場にもなっているそこは、まだ雪が残っているところや乾ききっていないところもありましたが、日当たりのいい場所は枯れた芝がもう乾いていて、歩く分には問題ありません。たまたま以前に買ってずっと仕舞いこんでいたフリスビーを持って行ったので、軽く投げたり受けたりをしてみたところ、これまた案外楽しかったのです。
風は冷たくじっとしているにはまだまだ寒いのですが、フリスビーを投げたり受けたり、風にあおられて暴投したのを拾いに行ったりしていると、コートを着たままではすぐ汗ばむほど。むしろコートなしだと、汗もかかず寒くもなく、ちょうどいい感じです。

外遊びって楽しいなぁ、これなら自転車を持って、週末ごとに2人であちこち行くのも悪くないかも...。その思いはだんだん強くなっていき、冒頭の提案を旦那にするに至ったのです。

「例えば、自転車を買って休みの日にそれで移動するっていう考えはどう?」
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

無理なく体を動かしたくて ~嫁と自転車 その3~

2010年04月16日 05:35

そんなわたくし、嫁も中年の域にさしかかり、体のあちこちによけいな脂を巻くに至りまして、やっと、もっと体を動かしたいな、なにかしなくちゃヤバいなと感じ始めました。
しかし、これといってスポーツの経験もなく、努力も根性も大嫌いなものぐさなので、淡々と走り込むようなことはとうていできそうにありません。

また、札幌暮らしも10数年を数え、公共交通機関で移動する遊びに行き詰まりを感じてきたのも事実です。いや、いろいろやりようはいくらでもあるのでしょうが、元々アウトドア志向なのに加え、一瞬でも自家用車で気ままに移動していた経験のある身には、やはり人混みは苦手だしどうしても窮屈さは否めないのです。

雪解けも進み、気候もよくなった最近は、天気のいい週末は旦那と一緒に散歩をしていることが多いです。
自宅の近くには手頃な公園や緑地がいくつかありますし、少し歩くと河川敷が整備された大きな川もあります。ここをわしわし歩くだけで、四季折々が味わえますし、意外と遠くまで移動でき良い運動にもなるため、私たちのお気に入りになっています。

公共交通機関に縛られずに移動するって楽しいなぁ、歩きだけでも結構いろんなところに行けるんだ。ぼんやり考えていたある日、不意にある言葉が、嫁の脳裏をかすめたのでした。

自転車、乗りたいかも...。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

20年前に乗ってました ~嫁と自転車 その2~

2010年04月15日 05:33

わたくし、嫁が知人とのキャンプで生まれて初めて触れたマウンテンバイク。どんな場所でも人間が歩くように進める不思議な自転車に、一発で夢中になってしまいました。
その後まもなくその方の紹介で、同じGIANTのマウンテンバイクを買うことになります。当時で確か3万円台の後半だったでしょうか。通勤バスの定期代1シーズンで余裕で元が取れるな、と思った覚えがあります。

その後仕事が変わって車=ジムニーを買い、しばらくは自転車からは遠ざかっていましたが、縁あって札幌で暮らすことになったため、車は売却し、自転車は引っ越し荷物の中に入れて一緒にこの街にやってきたのです。
新しい街を、GIANTと一緒に走るんだ。なかなかにワクワクする光景ではありますが、残念ながらその日々はそう長くはありませんでした。たまたま弟に自転車を貸したその日に、あっさり盗まれてしまったのです。
マウンテンバイクは普通のチャリとは違う...あれだけしつこく言って、チェーンの鍵を2本もつけて渡したたのに、弟はそれをかけていなかった、原因はその一言に尽きます。

ここで、嫁の自転車歴はふっつりと途絶えます。旅行先でレンタサイクルを使ったり、仕事中に借りた自転車で移動したりはありますが、まともに自転車に乗らなくなって、ざっと15年は経つ計算になります。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

何故自転車なのか ~嫁と自転車 その1~

2010年04月14日 04:14

なぜ突然自転車の話になったのか。そのいきさつを嫁側の視点でまとめてみました。話のくどい私なもんで、全部で6回分あります。

「例えば、自転車を買って休みの日にそれで移動するっていう考えはどう?」そう言いだしたのは、わたくし、嫁でございます。

実家にいた頃の嫁は、ジープタイプの軽自動車のジムニーに乗っていたんですが、札幌に出てくるにあたり、売却してしまいました。
元々運転は得意ではなく、札幌のような大都市で車を運転する自信がなかったし、公共交通機関が発達しているから自家用車なしでも暮らせるだろうと思ったからです。
一人暮らしをしながら車を維持するのは正直キツいなとも思ったし、当時の自分の持ち物の中で一番換金性がよかったのが、車だったというのもありまして。

子供の頃からずっと憧れていて、ものすごく気に入って買って、大事に大事に乗っていた車だったけど、そのあたりの理由で、わりとあっさり手放すことができました。

ジムニーを買う前は、自転車に乗っていました。友人の友人と一緒にキャンプをしたとき、その方が持って来ていたマウンテンバイクに触らせていただいたのが、マウンテンバイクとのファーストコンタクトです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。